2019年05月01日

男性、飼っていた鳥に殺されてしまう depart

bird-3530289_960_720.jpg


鳥が、飼い主である75歳の男性を殺してしまい、その後オークションにかけられました。


亡くなった飼い主は、自分の土地で100種類の様々な動物を飼育していました。これらの動物はオークションにかけられることとなりました。その中には、飼い主を殺してしまったヒクイドリも含まれています。

このオークションは、亡くなった男性の遺志に従って開催されることとなりました。

保安官によると、ヒクイドリの攻撃を受けた男性は倒れ、病院へ搬送されましたが、攻撃で受けた傷が原因でなくなってしまったとのことです。

ヒクイドリは、エミューと似た鳥で、身長180センチ体重60キロにもなる場合があります。

「ヒクイドリは世界で最も危険な鳥といわれています。3本ある脚のツメは長さ10センチもあり、ナイフのようにとがっています。どんな敵でもツメで切り刻むことができるのです」とサンディエゴ動物園の職員は説明しています。



珍しい動物を飼うのを趣味としていたようですが、可愛がっていた動物に殺されてしまうとはとても気の毒です。冥福を祈りたいと思います。オークションにかけられた動物たちも幸せになるとよいですね。

“depart”には「出発する」という意味が一番メジャーですね。空港でも「出発ロビー」の表示には英語で”departure”と書いてあります。”depart”には、ほかに「亡くなる」という意味もあります。ソース記事では”departed owner”(亡くなった飼い主)と使われています。

ソース:https://www.foxnews.com/us/exotic-flightless-bird-florida-man-killed-auction


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: