2019年05月05日

500万円の当たりくじを、2カ月間ネコに隠される drawing

lotto-484801_960_720.jpg


5万ドル(約550万円)の当たりくじを、2か月間ネコに隠されてしまいました。


米国の67歳の女性は2月に、2ドル(約220円)でくじを買い、ナイトスタンドの上に置いておきました。

「くじを買ってから、当たっているか確認していませんでした。飼っているネコがナイトスタンドから書類を落とした時、くじの何枚かがベッドの下に入り込んでしまいました。

2か月後にベッドのスプリングのクリーニングをするまで、ベッドの下のくじに気付かないままでした」と女性は語っています。

ベッドの下から出て来たくじの中の1枚は、なんと5万ドル(約550万円)の当たりだったのです。

「お金の使い道はまだ考えていません。家の修繕をして、1割は教会に寄付したいと思います。いくらかを人々のためになることに使いたいと思います」と女性は語っています。


くじが無事見つかって良かったですね。教会や人々のために使おうとされている姿勢が立派です。無欲な人に当たりくじが舞い込むのかもしれません。ネコにも美味しいものを買ってあげると良いですね。

“drawing”は名詞で「抽選」と言う意味があります。ソース記事では”watch the drawing”「くじが当たりか確認する」というように使われています。“draw”には「描く」「引き出す」の他に「結論を出す」という意味があります。これが派生したものと思われます。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2019/04/29/50000-Powerball-ticket-claimed-after-being-hidden-by-cat-for-two-months/7781556556429/?mpse=1


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: