2019年05月12日

「ヒツジ小学生」でクラス数維持 enroll

sheep.jpg


フランスで、生徒数減少に伴い閉鎖の危機に陥ったクラスを維持するために、農家からユニークなアイディアが出されました。


生徒数が減少している小学校に、農場から50頭の羊がやって来ました。現在、そのうちの15頭が「生徒」として登録されています。15頭は出生証明書を提示した上で「生徒」と認められました。

アルプスにあるこの小学校では、生徒数が266名から261名に減ってしまったため、11クラスのうちの1クラスが閉鎖される予定でした。

閉鎖されて10クラスになってしまうと、1クラスの平均生徒数が24名から26名に増えるため、保護者からは反対の声が上がっていました。

ある保護者は「国の教育は残念ながら数字のみを見ます」「今回、羊が加わったことでクラスを維持することが可能となり、良かったと思います」と話しています。

町長は「羊を生徒にする」という保護者の努力を支持しており、国のクラスを閉鎖しようとする方針に反対の立場を取っています。

尚、フランスのマクロン大統領は「1クラスの生徒数は最大24名まで」という教育方針を掲げているということです。


羊を生徒として登録し、クラスの減少を防ぐとはなかなか斬新なアイディアですね。実際に羊が教室の中にいる訳ではないと思いますが、「羊がクラスメート」とはファンタジーあるいはSFの世界を思わせます。子供たちも羊がクラスに加わると聞いてワクワクしたのではないでしょうか。子供たちが良い環境で学び、楽しく過ごせることを願います。

enrollは「氏名などを名簿に記載する」「入学させる」という意味です。特に学校や何かの機関・団体などに正式なメンバーとして登録するというニュアンスを持ちます。尚、アメリカ英語ではenrollと表記しますが、イギリス英語ではenrolとなります。

ソース:https://www.foxnews.com/world/sheep-france-school-enrollment-save-classes


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: