2019年06月02日

不発弾かと思われた物体の正体は unexploded

christmas-decorations.jpg


イギリスで謎の物体が見つかり、不発弾ではないかと疑われました。


タワーハムレッツ・ロンドン自治区の警察は、テムズ川岸に打ち上げられた物体を「不発弾の可能性がある」とし、調査しました。

調べたところ、不発弾かと疑われた物体は特大のクリスマスオーナメントであったことが判明しました。警察はツイッターに汚れた球体の写真を投稿しています。

「綿密な調査の結果、不発弾ではなく特大のクリスマス飾りでした!」

球体には飾り付けるための器具が付いており、なぜ川岸に打ち上げられることになったのかは分かっていません。

今回の騒動の2週間前に、キングストン・アポン・テムズの建設現場で第二次世界大戦の不発弾が発見されたばかりでした。




人騒がせですが、不発弾ではなく、クリスマス飾りで良かったです。2週間前のこともありますし、警戒するのも無理はありません。それにしても本当に、何故この巨大な飾りが川を流れて来たのか謎ですね。

exploded「爆発した」に否定の接頭辞un-がついたunexplodedは「(まだ)爆発していない」という意味になります。ソース中のunexploded deviceは「不発弾」を表します。「不発弾」を意味する言葉は他にも複数ありますが、UXO(unexploded ordnance)やUXB(unexploded bomb)等の略語が使用されることもあります。

ソース:https://www.foxnews.com/world/unexploded-device-river-thames-london-christmas-bauble


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: