2019年06月12日

男性、カーシェア用車をバリケードで囲む take exception to

barricade-147623_960_720.png


米シアトルの男性がカーシェア用の車をフェンスで囲んでしまいました。

この男性はアパートを所有していますが、アパートの住人ではない誰かが、敷地内にカーシェア用の車を停めてしまいました。

男性はカーシェア会社に連絡し2時間以内に車を移動させるよう求めました。数時間たっても車が移動されなかったため、立腹した男性は車をバリケードで囲み、カーシェア・ユーザーが車を使えないようにしました。

男性はカーシェア会社に対し、1日あたり65ドル(約6500円)の駐車料金、バリケードの費用300ドル(約3万円)、そして迷惑料500ドル(約5万円)を請求しています。

カーシェア会社は、請求金額が不当に高額であるとして警察に助けを求める方針です。



これはアパート所有者にとってもカーシェア会社にとっても迷惑な話ですね。一番悪いのは、無断で他人の敷地内に車を停めた人ですね。カーシェア・サービスは日本でも普及し始めていますが、使う人のマナーが求められますね。

「立腹する」を表す熟語として、ソース記事では”take exception to”が使われています。”exception”は「例外」の意味で使われることが多いですが、「反対、批判、異議」という意味もあります。”take exception to”には「~に反対を唱える」という意味もありますが、今回は「立腹する」の方をとって和訳しました。

ソース:https://www.yahoo.com/news/seattle-man-builds-fence-around-182714164.html


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: