2019年06月26日

29年前の罰金を支払い拒否 deranged

doller-jail.jpeg


米国ミネソタ州の女性は、15歳の時にシートベルトをしていなかったために発生した罰金35ドル(約3.700円)を支払うようにと、債権回収代行会社から督促されました。


現在40代の女性は、1990年に家出をし、アイオワ州で年上の男性が運転する車に同乗していました。車はスピード違反をしていたため、警察に停められ、シートベルトをしていなかった女性にも35ドルの罰金支払いが命じられました。

女性は「当時の私は家出した10代の少女で、見知らぬ人の車に乗っていました。警察はシートベルト違反の切符を切るよりも他に、取るべき措置があったはずです」と話しています。

「私は家出中だったのに、車を停めた警察官はIDカードや免許証の提示すら求めませんでした。警察は私のことを気の狂った精神病質者と思っていたのでしょう」

数日前に債権回収代行会社から「当時の罰金を支払うように」という内容の手紙を受け取り、非常に驚いたそうです。

「車を2時間半運転してでもこの督促状について話をしに行こうかと思いました」「35ドルのために私の居場所を探してまでこの手紙を送って来るとは、大変馬鹿馬鹿しく、税金の無駄使いです」

アイオワ州の法制度では、本人が判事に罰金取り消しを直訴することが認められていますが、女性にその意向は無いそうです。

「支払いに応じるつもりはありません。代行会社は私に手紙を送り続けてお金を無駄にし続けるでしょう」


何十年も前の35ドルを支払えという債権回収代行会社も確かにすごいですが、女性の頑なさもなかなかのものですね。今後も手紙が来ることが予想できるのであれば、これ以上嫌な思いをしないために支払ってしまうか、法律に則って罰金取り消しをお願いするかした方が良いのではないかと思いますが、色々な考えがありますね。

derangedという単語は、「整列する」という意味の動詞rangeに否定を表す接頭辞de-が付いたderange「乱す」「発狂させる」がさらに形容詞化したもので、「発狂した」「精神が崩壊した」という意味になります。ソース中にderanged psychopathとありますが、これを直訳すると「精神が崩壊した精神病質者」という意味になり、derangedはpsychopathを強調するために使用されています。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2019/06/21/Iowa-trying-to-collect-15-year-old-35-seat-belt-fine/4661561134219/


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。