2019年07月04日

リサイクルショップで買ったバッグの中に入っていたもの thumb drive

usb-flash.jpeg


米国カリフォルニア州のリサイクルショップでランチバッグを購入した女性は、中からUSBメモリを発見しました。


USBメモリの中身は見知らぬ人の結婚式の写真でした。女性はフェイスブックにその写真を掲載し、写真のカップルを探すことにしました。

投稿は多くのシェア数を獲得し、遂にカップルにたどり着いたのです。

結婚式は9年前に執り行われたもので、カップルは現在テキサス州サンアントニオに3人の子供たちと共に暮らしています。

9年前の花嫁は「なぜ、家族の誰かが結婚式の写真をUSBメモリに入れて、それがランチボックスの中に入ってしまったのか見当もつきません」「誰かが写真を見つけてくれて幸せです」と話しています。

「結婚式当日は本当に素晴らしい日でした。ただ、忙しさと混乱であっという間に過ぎてしまった1日だったので、写真を見てその日を思い出すことが出来て、大変嬉しく思います。特別に大切な思い出と生涯を共にすることが出来るのは素敵なことです」



一昔前だったら、持ち主を探すことが非常に困難だったと思います。無事に見つかって良かったと思うと同時に、カップルが離婚しておらず幸せそうで良かったと思います。どうでも良いですが、私だったら何となく気味が悪くて、USBメモリの中身を確認せず、リサイクルショップに戻しに行くかもしれません。

ソース中にUSBメモリのことを指してthumb stickという表現が使われています。これは、シンガポールのTrek 2ooo international Ltd.が開発したメモリが親指大の大きさだったことに基づいており、一般的にUSBメモリを指して使われます。thumb stick以外にもソース中にあるUSB driveやflash drive、また、その他にもUSB stick、USB memory stick等々、様々な表現があります。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2019/07/01/Wedding-photos-turn-up-in-thrift-store-lunch-bag-nine-years-later/3811561992676/


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: