2019年07月08日

マジシャン、弓矢の手品に失敗し大怪我 crossbow

crossbow-1300032_960_720.png


南アフリカでマジシャンが、弓矢を使った手品に失敗し、頭部に大けがを負ってしまいました。

このマジシャンは、脱出する手品を行っている際に弓を頭部に受けてしまいました。医師が傷を縫ったあと、病院に運ばれました。

「ちょっとした事故が起きてしまいましたが、私は大丈夫です」とマジシャンはSNSにメッセージを投稿しています。

頭部に刺さった矢は幸いにも頭蓋骨を貫通していなかったそうです。

この事故が起きた際、たくさんの子供もショーを見ていました。

「子供たちに怖い思いをさせてしまったことをお詫びいたします」とマジシャンは語っています。



大事にいたらなくてなによりでした。マジックショーでは弓矢や刃物などをつかってスリリングな演出をすることがありますが、まさか本当に事故になってしまうとは、誰も思わなかったことでしょう。事故に気を付けて、これからも観客を楽しませてほしいですね。

今回使われた弓矢は、上のイラストのような、引き金を引いて弓を発射するタイプのもので、「石弓」と呼ばれています。英語では”crossbow”と呼ばれます。引き金がついた台に弓が黄砂していることが由来です。

ソース:https://www.foxnews.com/world/south-african-illusionist-magic-show-mishap-crossbow


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: