2019年07月15日

重すぎる荷物の追加料金を避けるために男性が取った手段 skirt

boy-29759_960_720.png


スコットランドの男性は、飛行機で重量超過の荷物の追加料金を支払わなくて済むように、荷物の中の服をその場で着用しました。


男性は家族と共にニース発グラスゴー着の飛行機に乗ろうとしていました。荷物を預け入れようとした際、重量超過で追加料金が必要だと告げられました。男性は追加料金の支払いを避けるため、荷物を開けて服を何枚も取り出して身につけ始めたのです。

父の行動に喜んだ男性の17歳の息子は、その様子を撮影してSnapchatに投稿しました。

「僕たちは休暇でお金を使い過ぎたので、父はもうこれ以上出費をしたくなかったのです」と息子は語っています。

この父は最初1枚のTシャツだけ着ていましたが、Tシャツとセーターを合計15枚重ね着してしまいました。

着ぶくれした父は、セキュリティの職員に怪しまれてしまいました。服の中に何かを隠しているかもしれないと疑われ、何枚かを脱ぐはめになりました。容疑が晴れると、父は両手いっぱいの服を抱えて飛行機に搭乗しました。

息子が投稿した写真はネット上で瞬く間に話題になりました。


追加料金節約のためとはいえ大変でしたね。超過料金は意外と高く、1万円以上かかる場合もあるそうです。それなら限界まで服を重ね着する価値はあるかもしれないですね。

ソース中に”decided to skirt an airline's excess baggage fee”とあります。skirtは衣類の「スカート」や「郊外」などの名詞の意味で大変よく知られた単語ですが、今回は動詞で使用されています。動詞のskirtには「敬遠する」や「回避する」等の意味があり、ソース中の表現は「荷物の追加料金を避けることに決めた」ということです。

ソース:https://www.msn.com/en-gb/news/offbeat/man-puts-on-15-layers-of-clothing-rather-than-pay-airlines-excess-baggage-fee/ar-AAE67hn


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: