2019年07月17日

事故後2週間、砂漠で生き延びた犬と再会 daze

dog-lab-puppy.jpeg


米国アリゾナ州で、男性と生後4カ月のラブラドール・ミックス犬「ベラ」が乗った車が事故に遭いました。男性はカリフォルニア州からアラバマ州へ帰る途中でした。


アリゾナ州フラッグスタッフに着いた時、男性は疲れ切っており、居眠り運転をしてしまいました。車は道路から外れ、標識にぶつかりました。

意識を取り戻した男性は呆然とし、ひどいケガをしていました。

男性の車の後を運転していた大学の友人は、恐ろしい事故の様子を目撃しました。男性を助けに向かいましたが、同乗していたベラの姿は見当たらなかったと言います。ベラがいないことに気付いた男性はひどく怯え始めたそうです。

現場に駆け付けた救急隊もベラを発見することは出来ませんでした。ベラを捜すためにチラシが配れましたが、1週間が過ぎても見つからず、望みは薄れて行きました。

ところが事故から13日後、アリゾナ州の砂漠でベラが救助されたのです。

地元のボランティアの救助隊に発見された時、ベラは紐が藪にからまって身動きがとれず、水や食べ物も無い状態でした。

現在、飼い主の男性とベラは再会し、お互いがお互いの側を離れないと言います。

「ベラがもう2度と1人で夜を過ごすことはないと思えるよう、安心してほしいのです」


よく2週間も砂漠で過ごして無事でしたね。見つかって本当に良かったです。それにしても、やはり疲れている時の運転は危険ですね。疲れたら仮眠を取ることが出来る程度の時間的余裕を持って運転したいですね。命に別状がなくて良かったです。

ソース中に”he was in a daze”とあります。dazeには「放心させる」という動詞と「放心した状態」という名詞の意味があります。混乱や戸惑いで呆然とした状態を表します。名詞の場合は、ソース中にあるように、よくin a dazeの形で使用されます。

ソース:https://www.msn.com/en-gb/news/offbeat/puppy-reunites-with-owner-after-surviving-2-weeks-in-desert-following-car-crash/ar-AAEmkSu


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: