2019年07月19日

なぜ今頃?26年前のハガキが配達される promising lead

postcard-and-stamps.jpg


米国イリノイ州の女性は、26年前の消印を持つハガキが自宅に配達されたという興味深い謎を解こうとしています。


ハガキは2019年7月8日に女性宅に届けられました。最初、女性は間違って配達されたものだと思っていましたが、よく見るとハガキは前住人宛てで、ちょうど26年前に当たる1993年7月8日の消印が押してあったのです。

ハガキには「父より」というサインと、男性の香港旅行の詳細が記してありました。

ハガキは26年前のものとは思えない程、状態が良かったそうです。

女性はハガキの持ち主を探していますが、現在のところ有力な手がかりは掴めていません。

「持ち主の家族か誰かが地元紙を見て、私に連絡をくれることを願っていました」「ハガキを捨てたくありません。持ち主に会いたいです」



不思議な出来事ですね。なぜ突然26年も前のハガキが配達されたのでしょうか。昔であれば、なかなか持ち主を探すことは難しかったかもしれませんが、マスメディアだけでなく、SNS等が発達した現在ならば、もしかすると見つけることが出来るかもしれません。また、郵便局にも話を聞きたいところです。今後どうなるのか気になります。

promiseの動詞には「約束する」の他にも「見込みがある」という意味があります。promisingはpromiseの現在分詞です。また、leadには実に様々な意味がありますが、今回は名詞の中の「手がかり」という意味で使われています。ソース中にpromising leadという表現がありますが、これは「見込みのある手がかり」つまり「有力な手がかり」ということです。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2019/07/16/Postcard-shows-up-at-Illinois-home-exactly-26-years-after-postmark/9451563306071/?sl=4


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。