2019年07月29日

スーパーマーケットで10年間死んだ男性 decompose

man-2106810_960_720.jpg


米アイオワ州で、閉鎖されたスーパーマーケットのクーラーの裏から、腐乱死体が発見されました。


この死体は10年前に行方不明になったスーパーの男性店員と判明しました。

この男性は、2009年11月、癇癪をおこして自宅を飛び出しました。雪が降る中、靴も靴下もはかず、鍵や車もなく家をでていったそうです。

当時、男性は抗うつ剤を処方されており、混乱状態だったとも言われています。

当日は、この男性の出勤日ではありませんでしたが、男性はスーパーへ行き、クーラーの上に座っていたものと見られています。スーパーの店員たちは、休憩時間によくそうしていたそうです。

そして男性は、クーラーと壁の幅45センチのすき間に落ちてしまい、出られなくなったと推測されています。

その後死体は10年もの間、だれにも発見されませんでした。腐乱が進んでいたため、DNA鑑定によって身元が特定されました。


人知れず亡くなり、10年間も発見されなかったとは大変気の毒な話です。冥福を祈りたいと思います。このスーパーは3年前に閉店したようですが、それ以前は人が死んでいることに誰も気づかずに買い物をしたり仕事をしたりしていたことになります。ぞっとしてしまいますね。

「腐敗する、腐乱する」は英語で”decompose”といいます。”compose”(組み立てる)に、否定を表す接頭語の”de”が付くことで、「分解する」という意味にあります。微生物が有機物を分解することから「腐敗する」という意味にもなりました。

ソース:https://www.foxnews.com/us/body-of-supermarket-employee-found-inside-store-behind-cooler-nearly-10-years-after-he-was-first-reported-missing-police


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。