2019年07月31日

イギリスの政治家が出した「文書で使ってはいけない単語リスト」がきびしすぎると話題に Imperial units

united-kingdom-1952461_960_720.jpg


イギリスの政治家ジェイコブ・リーズ=モッグ氏がスタッフに配布した、文法と文書のエチケットのリストが話題になっています。



そのリストでは、“hopefully”、“very”、“due to”、“equal”などの言葉の使用が禁じられています。

また、長さや重さの単位では、メートルやキログラムではなく、イギリスで伝統的に使われて来たヤード、ポンドといった「帝国単位」を使うように指示しています。

ジェイコブ・リーズ=モッグ氏は、保守的な思想や服装から、「18世紀の名誉会員」というあだ名が付けられています。

ジェイコブ氏は、このリストを配布した理由として「不適切に書かれた文書を私のオフィスから出すような無礼は許されない」としています。


英語のネイティブでない私からすると“hopefully”、“very”、“due to”、“equal”といった言葉のどこが問題なのか分かりませんが、伝統的なイギリス英語を愛する人からすると許されないのかもしれません。伝統を重んじることと、柔軟性を持つことのバランスは難しいですね。

「帝国単位」とは1924年にイギリスの度量衡法によって定められて以来イギリスで使用されている単位です。長さ・距離を示す「ヤード」や重さを示す「ポンド」からなっています。「帝国単位」は英語で”Imperial units”といいます。

ソース:https://www.foxnews.com/world/jacob-rees-mogg-etiquette-writing-guidelines


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: