2019年08月05日

双子が双子フェスティバルに向かう途中で警察に停められる do a double take

twins-1169067_960_720.jpg


米オハイオ州で、双子フェスティバルが毎年開かれています。双子の兄弟がフェスティバルへ車で向かっている途中、警察に停められてしまいました。


この双子の兄弟は、同じ型の青のテスラを運転していました。スピード違反でなかったのに警察に停められたのです。

この2台の車が、同じナンバープレートをつけているように見えたため、警察官は車を停めさせて、二度見しました。どちらのナンバープレートも”SUBJ TO”となっていました。

しかし、警察官は間違いに気付きました。

片方は”SUBJ TO”の後の文字が、大文字の「オー」。もう片方は数字の「ゼロ」だったのです。

“SUBJ TO”は”Subject to”の略です。双子は不動産業を営んでおり、不動産契約でよく使われる”Subject to〜”「〜に準じる」という言葉をナンバープレートにあしらっていたのでした。

「警察に停められるのが好きな人はいませんね。私達は不安でした」と双子は語っています。

アメリカのナンバープレートには通常、アルファベットと数字が記されています。料金を支払えば好きな組み合わせの数字と文字を使うことができます。この双子の兄弟は、お金を払って同じ言葉を表すナンバープレートを手に入れたのですが、そのせいで警察に停められてしまいました。とんだ災難でしたね。

do a double takeは「二度見する」という意味です。日本語と同じニュアンスで、何かをパッと見て驚いたり信じられなかったりして、もう一度見直す時や思わず見てしまう時などに使われる表現です。

ソース:https://www.foxnews.com/us/twin-brothers-pulled-over-in-ohio-on-their-way-to-annual-twins-festival


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法

posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: