2019年08月06日

エアコンを付けてくれない大家を射殺 landlord, tenant

air-conditioner-3162036_960_720.jpg


エアコンをめぐる口論の結果、大家さんが、借家人から銃で撃たれ、死亡してしまいました。


この事件はフランス南東部のレ・ザルクで起きました。71歳の大家さんは3発の銃弾を受け死亡しました。

66歳の元軍人の借主は、アパートが暑すぎると抗議し、エアコンを設置するよう求めていました。

大家の家族によると、大家はエアコンの設置に同意しましたが、設置は10月以降になると伝えていたとのことです。

警察は殺人事件として捜査を進めています。


エアコンをめぐって銃で撃ってしまうとは、よほど暑かったのでしょうか。フランスは日本よりも涼しいようですが、アパートの立地や構造によってはとても暑い部屋だったのかもしれません。

アパートなどを貸す人である「大家」は、英語で”landlord”といいます。“land”は「土地」、”lord”は「主」という意味なので、組み合わせると「大家」となるのは何となく分かりますね。そして、アパートを借りる「借家人」は英語で”tenant”といいます。デパートやショッピングセンターに入っている店を日本語でも「テナント」といいますね。

ソース:https://www.foxnews.com/world/french-woman-killed-tenant-air-conditioning


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法

posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: