2019年08月21日

ブラジルのボルソナロ大統領を尊敬すべき理由 impartial

book-161128_960_720.png


ブラジルで出版された「ボルソナロ大統領を尊敬すべき理由」という本が、190ページ中188ページが白紙だったことから、ネットで話題になっています。


この本の著者は「この本は、賛否両論ある大統領への抗議です」と語っています。

2ページだけ文章が書かれていますが、そこには「ボルソナロ大統領を完全に公平に評価するため、多大な時間を費やしてこの本は書かれました」と記述されています。

今年初めに出版されてしばらくはあまり反響がありませんでしたが、ソーシャルメディアで取り上げられると瞬く間に大反響となりました。

この本に対する賛否が分かれ、「ブラジルを変えた大統領に対する最も体系的な分析」と評価する意見や、「時間とお金の浪費だ」という批判などがありました。

ブラジルのアマゾンでは五つ星の評価を得ています。





ユーモアあふれる風刺ですね。過去の記事で紹介した通り、以前にはアメリカで「民主党に投票すべき理由」や「トランプ大統領を尊敬すべき理由」という白紙の本が出版されました。これらの本からインスパイアを受けて、今回のブラジル大統領を揶揄する本が企画されたそうです。

「公平な」を表す単語としてソース記事では“impartial”を使っています。”partial”は”part”(部分)の形容詞で、「部分的な」から転じて「不公平な」という意味があります。これに否定を表す接頭語の”im”がついて、「不公平でない、公平な」という意味になります。「公平な」を表す単語では”fair”のほうがメジャーかもしれません。

ソース:https://www.foxnews.com/world/satirical-blank-page-book-on-brazilian-president-goes-viral


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法

posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: