2019年08月31日

保護犬がハリウッドスターに leading man

dog-star.jpg


2歳のテリアミックス犬「モンテ」は、一目で主役を演じられる犬だと分かります。


ディズニーの「わんわん物語」の実写化に当たり、スタッフはアリゾナ州フェニックスの動物保護施設を訪れました。映画の出演に適した動物を見つけるためです。

即座にある1匹の犬がスタッフの目に留まりました。「モンテ」はハンサムなだけでなく、座り方や紐に繋がれている時の振る舞い方をよく心得ており、何より注目されることを好みます。

『わんわん物語』のすべての「出演者」は保護犬でした。モンテの声は俳優のジャスティン・セローが演じる予定です。ディズニーによると、出演した保護犬たちは皆愛すべき家族を得たということです。

映画は11月12日公開予定です。


映画の「出演者」たちがどういう経緯で保護犬になったのかは分かりません。辛い思いや不幸な境遇を経験した犬も少なくはないのではないかと想像します。ハリウッド映画出演も去ることながら、今は新しい家族に迎えられたようで良かったですね。映画の成功と犬たちの幸せを祈ります。

leadingには「主要な」という意味があり、leading manは映画や舞台などで最も重要な役割を演じる俳優、つまり「主演男優」を意味します。これに対しleading ladyという言葉もあり、こちらは「主演女優」を表します。また、同意語にはleading roleやprincipal partなどがあります。

ソース:https://www.msn.com/en-gb/news/offbeat/dog-rescued-from-phoenix-shelter-is-about-to-become-a-hollywood-star/ar-AAG7v2K#image=AAvc8Mf|1


「わんわん物語」



レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法

posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: