2019年09月12日

鶏の鳴き声で訴訟 high-profile

hahn-3808688_960_720.jpg


フランスで鶏の声がうるさいとして住民が訴訟を起こしました。


4歳のオスの鶏が夜明けに鳴く声に憤慨して訴えたのは、リタイヤしてフランス大西洋沖の島に引っ越して来た老夫婦です。

裁判所は、この鶏が飼い主と共にいることを認め、さらに原告の老夫婦に対して名誉棄損の賠償と裁判費用として千ユーロ(約11万円)を支払うことを命じました。

裁判に勝利した鶏の飼い主は「この勝利は、同じような状況にある多くの人々のものです」と語っています。

フランスでは、都市から地方へ移住してきた人々が訴訟を起こすケースが続いています。カウベルの音、教会の鐘の音、セミの鳴き声、農場の匂いなどに対する苦情です。

今回の鶏の鳴き声を巡る裁判は、中でも最も注目を集めたものでした。地元住民は被告の鶏を「支援する会」を結成し、世界中から支持を表明する手紙が集まっていました。


リタイヤ後の田舎暮らしに憧れる人は、フランスだけでなく日本でも多いですね。テレビや写真でみる田舎は、美しい風景や素朴なライフスタイルが強調されますが、実際には都会にはない苦労もあるようです。移住の際には前もって十分に調べ、後から裁判沙汰を起こさないようにしたいですね。

profileは経歴や紹介を意味する「プロフィール」としてよく知られている単語ですが、「注目度」という意味もあります。ソース中のhigh-profileとは「人目をひく」「目立つ」といった意味で、今回の訴訟の注目度の高さが表現されています。

ソース:https://www.foxnews.com/world/rooster-france-court-noise-crowing


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法

posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: