2019年09月18日

ゴミと共に収集された男性を救助 living nightmare

white-male-2064820_960_720.jpg


米国ペンシルバニア州で、ゴミ収集容器の中で眠っていた男性がゴミ収集車に回収されてしまい、救助されました。


男性は前夜、友人と離れ離れになってしまったために寝る場所がなく、近くにあったゴミ収集容器の中で眠ることにしたと言います。

午前3:30頃、回収にやって来たゴミ収集車の運転手が容器の中のゴミをトラックに移し替えていると、男性の叫び声が聞こえて来ました。

運転手は収集車から降りて後部のドアを開け、男性を発見しました。運転手1人では男性を外に出すことが出来ず、警察に通報したということです。

男性は無事救助されました。顔と膝に軽い怪我を負っており、病院で手当てを受けたそうです。


寝る場所がないからと言ってゴミ収集容器を選ぶとは、余程寒かったり危険な野生動物がいたりするような地域だったのでしょうか。収集車の運転手が気付いてくれて良かったですね。もし気付かれなかったら最悪の事態となり、世間的に男性は謎の失踪を遂げたことになったかもしれません。恐ろしい話です。ゴミ収集容器の中で眠るのは止めましょう。

living nightmareは「生きている悪夢」つまり「悪夢のような現実」「悪夢のような状況」ということです。類似の表現にwaking nightmareやliving hellなどがあります。

ソース:https://www.foxnews.com/us/pennsylvania-man-rescued-garbage-truck-dumpster


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法

posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: