2006年01月29日

講義中は喋りまくれ!

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「MBAでは、講義中の発言が成績に大きな影響を与える。」
「MBAでは、講義中の高度な議論についていけなければ、生き残れない」

なんてことが言われます。

そういわれると、講義中は生徒全員によるハイレベルな議論が活発に行なわれているかのように思われがちですが、そうでもありません。

一部のよく喋る生徒が何度も発言し、大半の生徒は数回の講義の中で1回発言する程度です。

特に日本人は発言回数が少ないです。
全く発言しない日本人生徒も多いです。

これは私が留学した学校以外のMBAでも同じようです。

私は喋らない組に入らないようがんばっていましたが、

得意分野の講義では発言できても、そうでない分野の講義では発言できずじまいのものもありました。


そんな中、日本人学生の中でダントツに発言回数が多く、

アメリカ人学生と比較しても発言が多い日本人がいました。


彼は、英語のリスニングやスピーキングは出来ないほうでした。

彼の講義中の発言や質問の中には的外れなものがあったり、
「さっき教授が説明したじゃん。聞き取れてなかったのかよ」というような質問もありました。

文法も発音もでたらめでした。

しかし、とにかく数打ちゃ当たるとばかりに、
講義中に何度も教授に質問し、自分の意見を述べ、教授や他の生徒の意見に反論していました。

「間違った事を言ったら恥ずかしい」というような中途半端なプライドにとらわれていないようでした。

他の日本人生徒は、「あいつは考えずに喋るからなあ」というように、少し見下した見方をしていました。

しかし、教授やアメリカ人を含む他国からの生徒は彼の発言を歓迎していました。

実際、彼の発言が的外れの場合でも、彼の発言をきっかけに議論が活発になったりすることが少なくなかったのです。

彼の発言を馬鹿にし「俺は全部知ってるから質問しないんだ」とばかりに講義中は黙りこくっている日本人学生も、彼の質問に対する教授の回答はちゃっかりノートにとったりしていたものです。


英語のスピーキングについて云々されますが、彼を見ていると、

おぼえている英語表現の数とか、正しい文法で話すスキルとか、発音とかよりも、

とにかく人に自分の意見を伝えたい、人の意見を聞きたい

という強い気持ちを持つことの方が、はるかに大事なんだなと感じたものです。

私も触発されて、発言回数を増やすことができました。

MBAに参加する前は、「MBAには頭脳明晰でプライドが高い人ばかり集まってるんだろうな」と考えていましたが、

彼のように、無意味なプライドを持たず、不器用でもぶつかりながら頑張るタイプの人と出会えることができたことが大きな収穫でした。



今留学していたり、英会話学校に通っている方々。
他の日本人生徒に馬鹿にされるのが嫌で、発言しなかったりしてませんか。
恐れずにバンバン発言したほうがよいですよ。

馬鹿にする日本人生徒も実は、あなたの発言や質問に感謝すると思います。



To be continued...

この記事が面白かった・役に立った方は、ブログランキングに応援お願いします。→■ここをクリック■
posted by Tabbycat at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻の英語超速習4

妻の英語速習法について最後です。

妻が2年足らずの英語学習で英語ベラベラTOEIC800オーバーになった秘訣。

それは、

愚直なまでに音読を繰り返す

ということだったことは書きました。

しかし、

もう一つ秘訣がありましたので、今回はそれを書きます。

もう一つの英語超速習の秘訣。

それは、

英語レッスンでは、マンツーマンレッスンを選ぶ。

ということです。


妻は、私の留学期間中には、ボランティアでマンツーマンレッスンをしてくれるアメリカ人と週に2・3回あって、英会話のレッスンを受けていました。

また、ヨーロッパから来ていた友人と二人であうことで、実質的なマンツーマンレッスンを毎日のように続けていました。

マンツーマンレッスンは、他の生徒のせいで時間を無駄にすることもないし、

また、相手が喋った後は確実に自分が話す必要があります。

自然と集中せざるを得ません。

このような濃密なレッスンは、多人数クラスではあり得ません。

私は留学直前にNOVAに通ってましたが、会社からもらっていた留学準備資金には限度がありましたので、多人数レッスンを選んでいました。

でも多人数レッスンは、他の生徒が喋る番の時には集中できなかったり、

一人でも変な生徒が混じっていた場合はそのレッスン自体が台無しになったり、

ということがありました。

日本や外国で英会話レッスンを受けている人は多いと思いますが、

そのような方々にはグループレッスンでなく、マンツーマンをおすすめします。

たとえ単価が倍ぐらい高くなったとしても、それ以上の効果の違いがあります。


To be continued...

■この記事が面白かったり参考になった場合は、ブログランキング応援お願いいたします。この文章をクリックしてください。■

親サイトも英語学習法について熱く語っております→MBA式英語速習法
posted by Tabbycat at 16:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻の英語超速習3

妻の英語超速習その3です。

〜前回までのあらすじ〜
渡米前にはまったく英語の勉強をせず、アメリカにきてしまった妻、Mrs. Tabby。
渡米後奮起し、英語学習を決意。
夫Tabby catの
「音読が一番いいよ」
の一言を真に受け、
2ヶ月ほど自宅に引きこもり徹底的な音読を繰り返す。
その後英会話学校に通いながらも音読を徹底的に愚直に繰り返し、
ほかの生徒をごぼう抜きする英会話力上達ぶりを見せる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

英会話に自信がついてきた頃、

妻の英語力をさらに飛躍的にあげる出来事が起こりました。

英会話学校でヨーロッパ圏の人と友達になったのです。

妻は友人と話したい一心で、自分のことや日本のことを英語で一所懸命に説明するため奮闘していました。

そしてその奮闘を楽しんでいました。

その友人は、妻が今までの人生で会ったことのないタイプの人でした。

いろんな事、とくに人間に対する興味・関心が強く、妻に日本人についていろんな事を質問してきました。

なぜ、日本人は英会話学校に来ているのにしゃべらないのか?
なぜ、日本人はせっかくアメリカにいるのに日本人だけで固まっているのか?

なぜ、日本人の男性は会社に夜遅くまでいるのか?家族はさびしくないのか?
なぜ、日本人は同じ会社にずっとつとめるのか?

日本人はどんな宗教を信じているのか?

などなど・・・

日本語でも説明が難しい事を、妻は懸命に英語で説明しました。
辞書で英語を調べながら、時には英英辞書を見せながら。

どうしてもその場で説明できないことは、次に会うときまでに調べたり私の意見を聞いたりしながら、自分の考えをまとめて説明しました。

これだけやれば、英語が上達するはずです。

帰国後にベルリッツのスキルチェックで最高レベルと認められるのも無理もありません。

それだけでなく、友人との交流から、「自分で考え、自分で自分の生き方を決める」という人生観を持つようになっていきました。

私も、妻の友人、そしてその旦那さんと会い、たくさん会話をすることで、彼女らに大きな影響を受けました。

妻がこのような人と友人となってくれたことで、私達の留学生活はとても実り多いものになりました。

このことは今でも妻に感謝しています。


To be continued...

■この記事が面白かったり参考になった場合は、ブログランキング応援お願いいたします。この文章をクリックしてください。■
posted by Tabbycat at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻の英語超速習2

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2年足らずのアメリカ滞在期間で、ベルリッツレベル1(最低レベル)からレベル10(最高)、TOEIC820をゲットした妻の英語学習法とは・・・

それは、

徹底的な音読

でした。

アメリカ生活が始まってからの最初の2ヶ月くらいは、

妻は買い物などの用事以外は家から出ずに、

一日中英語テキストの音読をしていました。


NHKラジオ英会話で人気講師だった遠山顕さんの

よりぬき英会話入門

とその続編数冊を徹底的に繰り返し音読しました。

テープのガイダンスにしたがって、一文ずつテープを聞いた後、真似するように音読する、ということを果てしなく繰り返したそうです。

渡米3ヶ月目からは英会話学校にも通い始めましたが、

勉強時間では、独学による音読が圧倒的な量をしめていたようです。

日本から持ってきたウォークマンは酷使した結果つぶれてしまいました。

その後は、ウォルマートで買ったラジカセを使って、音読を繰り返しました。

この徹底音読によって、妻は英会話学校の中でもぬきんでたペースでスピーキング力、リスニング力が上達していったようです。


音読という勉強法は、別に目新しい方法ではありません。

単調な反復練習からなる退屈な勉強法です。

妻が短期間で音読を繰り返し英語力を飛躍的に挙げたのは、

「愚直に音読を繰り返した」

という一言につきます。

なぜ、彼女は他の学習法に手を出さず、音読の効果を信じて音読だけを繰り返すことができたのでしょうか?

それは、

音読という学習方法を、「私」が教えたからだと思います。

最も身近にいる人が、音読で成果をあげ、留学のチャンスまで勝ち取ったという経緯を間近でみていたからこそ、音読の効果を信じて、徹底的に音読だけを繰り返すことができたのだと思います。


もし彼女が音読を徹底することをせずに、コロコロと学習法を変えたり、教材や英会話学校をコロコロ変えていたら、あんなに短期間で不自由なく英語会話をできるようにはならなかったでしょう。

徹底的な音読を繰り返し、英会話に自信がついてきた頃、

妻の英語力をさらに飛躍的にあげる出来事が起こりました。

英会話学校でヨーロッパ圏の人と友達になったのです。

妻は友人と話したい一心で、自分のことや日本のことを英語で一所懸命に説明するため奮闘していました。

そしてその奮闘を楽しんでいました。

妻と友人のコミュニケーションのことはまた次回詳しく書きたいと思います。

To be continued...

■ブログランキング応援ありがとうございます■
posted by Tabbycat at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻の英語超速習

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、私の妻の英語学習の歴史を書きたいと思います。

私がTOEICのスコアアップを目指して英語学習をしていたときは、

妻は英語学習をしていませんでした。


私が留学候補生に決まったとき、

妻は「アメリカに行く前に自分も英語をしなければ」と考えたらしく、

ベルリッツの門を叩きました。

しかしレベルチェックの結果は、なんと一番下のレベル1。

当時全く英語の勉強をしていなかったとはいえ、

義務教育での英語に加え大学受験でも英語の勉強をしているのです。

最低レベルの結果だったことは、とてもショックのようでした。

「アメリカで家事をしたり車の免許とったりできるわけがない!」

「アメリカなんか行きたくない!!」

落ち込んで弱音を吐いていました。

妻をなだめながら、必死の留学受験勉強をする日々。

今となっては良い思い出です。(遠い目・・・)



結局、妻は渡米前は英語の勉強に身が入らなかったようです。


無理もありません。

私の場合は、ロンドン駐在に異動した友人への嫉妬という、
英語学習への強い動機付けがありました。

妻の場合は、英語学習に対する動機は何もありませんでした。

突然「1年後に留学する」と告げられても、「はいそうですか」と興味のない英語学習を

開始することは難しいでしょう。


結局不十分な英語力のままアメリカ暮らしを開始しました。



しかし、ここから彼女の怒涛の快進撃が始まります。

実際にアメリカに住んでみて、英語の必要性が身にしみて感じたらしく、

ものすごい勢いと集中力で英語学習を開始しました。

その結果、彼女はいろんな国の人との英語での交流を楽しみ、

数人の外国人の親友を作り、

日本への帰国後も親友の住む国へ遊びに行ったりするほどの英語力を身につけました。



留学期間中の英語学習期間は2年足らずだったにもかかわらず、

帰国後にベルリッツへ入学し直した際のレベルチェック結果は

なんと最高ランクのレベル10!!

TOEICはなんと800オーバー!!


次回は、妻が行なった英語学習法と、驚異的な英語力向上の秘密に迫ります。


すみません。ちょっと長い記事を書く時間がないので引っ張らせてください・・・

To be continued...

■ブログランキング応援ありがとうございます■
posted by Tabbycat at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留学で良い成績をとるには

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

留学中に良い成績を取るには、講義中に積極的に発言することが求められます。

しかし、これは元々シャイで、言葉にハンデがある日本人には難しいことです。




そこで、講義中の発言が少ないことをリカバリーするために、

教授の部屋へ質問に行く

という方法が良いと、日本で出版されている留学指南書などに書いてある場合があります。

でも、あればウソです。

というか、やり方に注意する必要があります。

■ブログランキング応援ありがとうございます。おかげさまでランク上昇中です。■続きを読む
posted by Tabbycat at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留学とは?

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MBAに派遣される際に、会社の上司や先輩から、、

「勉強だけじゃなく、幅広い経験をしてきなさい」

といわれました。

■今日のランキングは?ドキドキ■
続きを読む
posted by Tabbycat at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東大生とMBA

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私が参加したMBAプログラムでは、何人かの日本人学生がいました。

日本人学生の中での多数派は東大出身者で、半分以上を占めていました。

なぜMBAには東大生が多いのでしょうか?

■今日のランキングは?ドキドキ■



続きを読む
posted by Tabbycat at 15:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MBAの多読!多読!多読!

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MBA留学中には、授業でのディスカッション、プレゼンやグループワークなど様々なことをやりました。

しかし、今振り返ってみると、大半の時間は「読むこと」に費やしてきたように思います。

■ランキング■
続きを読む
posted by Tabbycat at 15:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日でネイティブになる方法

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MBAプログラムの最初の数ヶ月間はスピーキングで苦労しました。

グループワークのミーティングで言いたいことが言えない・・・

授業中に教授から指されても、分かっているのに上手く答えられない・・・

こんな状態から、まともにスピーキング力をあげる練習からやっていたのでは、2年間しかないMBAが終わってしまいます。

そこで私は、ミーティングの英語での議論に参加するスピーキング力をつけるためのある方法を思いつきました。

この方法を思いついた翌日から、ミーティングや授業で自分の意見を流暢な英語で言えるようになりました。

その方法とは・・・

ランク上昇中です!ありがとうございます!!
続きを読む
posted by Tabbycat at 15:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする