2006年01月29日

留学で良い成績をとるには

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

留学中に良い成績を取るには、講義中に積極的に発言することが求められます。

しかし、これは元々シャイで、言葉にハンデがある日本人には難しいことです。




そこで、講義中の発言が少ないことをリカバリーするために、

教授の部屋へ質問に行く

という方法が良いと、日本で出版されている留学指南書などに書いてある場合があります。

でも、あればウソです。

というか、やり方に注意する必要があります。

■ブログランキング応援ありがとうございます。おかげさまでランク上昇中です。■続きを読む
posted by Tabbycat at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留学とは?

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MBAに派遣される際に、会社の上司や先輩から、、

「勉強だけじゃなく、幅広い経験をしてきなさい」

といわれました。

■今日のランキングは?ドキドキ■
続きを読む
posted by Tabbycat at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東大生とMBA

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私が参加したMBAプログラムでは、何人かの日本人学生がいました。

日本人学生の中での多数派は東大出身者で、半分以上を占めていました。

なぜMBAには東大生が多いのでしょうか?

■今日のランキングは?ドキドキ■



続きを読む
posted by Tabbycat at 15:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MBAの多読!多読!多読!

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MBA留学中には、授業でのディスカッション、プレゼンやグループワークなど様々なことをやりました。

しかし、今振り返ってみると、大半の時間は「読むこと」に費やしてきたように思います。

■ランキング■
続きを読む
posted by Tabbycat at 15:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日でネイティブになる方法

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MBAプログラムの最初の数ヶ月間はスピーキングで苦労しました。

グループワークのミーティングで言いたいことが言えない・・・

授業中に教授から指されても、分かっているのに上手く答えられない・・・

こんな状態から、まともにスピーキング力をあげる練習からやっていたのでは、2年間しかないMBAが終わってしまいます。

そこで私は、ミーティングの英語での議論に参加するスピーキング力をつけるためのある方法を思いつきました。

この方法を思いついた翌日から、ミーティングや授業で自分の意見を流暢な英語で言えるようになりました。

その方法とは・・・

ランク上昇中です!ありがとうございます!!
続きを読む
posted by Tabbycat at 15:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MBAのスピーキング

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前回の記事では、米国の大学は学生の学習をサポートする体制が整っているので、授業が聞き取れなくても何とかついていけるという事を書きました。

でも、リスニングから逃げてばかりいる事もできません。

MBAでは、学生でチームを作ってレポートを作成したりクラスで発表するグループワークがあります。大体どの授業でも最低1回はグループワークを求められます。

MBAに参加する前に一番不安だったのは、このグループワークでした。


ブログランク応援してやるから続きを早く書け!という方はココをクリック!
posted by Tabbycat at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MBA 幸せな日々

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いよいよMBAプログラムが開始されました。

MBAプログラムに参加して、授業がしっかりと構成されていることに驚きました。

まず全ての授業についてシラバスというものが事前に用意されます。

このシラバスでは、授業の目的、スケジュール、必須テキスト、成績をつける際の基準などが説明されています。

このシラバスはウェブサイトで公開されます。


例えばニューヨーク大学MBAのシラバスはこんな感じです。
ここをクリック!

これを見ると宿題やグループワーク、テストなどのスケジュールが事前に分かります。

そして、各授業の前には必ず授業で使うスライドがウェブサイトで公開され、予習できるようになっています。

例えばこんな感じです。→クリック!

これを授業前に読み、アサインされるテキストを読み、授業を受けることで、確実に授業内容を理解できるようになっています。


さらに、レポート作成の見本として、過去の学生の優秀なグループワークレポートを公開している場合もあります。

このレポートは日本人を中心としたグループが作ったレポートみたいですね。

このほかにも、ニューヨーク大の場合は気前がよくて、エクセルシートやら授業を録音したリアルプレイヤーファイルやらテスト用練習問題やらが公開されています。

クリック!→気前の良いNYU

自分のノートPCにワイヤレスLANカードを指しておけば、大学の構内ではどこでもこれらのサイトにアクセスできます。

大聖堂のようにおごそかな雰囲気の図書館や緑の芝生の上で、百科事典のように分厚いテキストやノートPCにダウンロードした資料を読みふける、、、

ふと我に返って

「俺ってカッコイイイイーーーーーー!!!!!!」

と叫んでしまいたくなるくらい至福の時間を過ごせます。


このように学習のサポートが充実しているため、きちんとこれらを予習復習すれば、
授業中の英語が全く聞き取れなくても授業についていけちゃったりします。

英会話ができない日本人MBAが結構いますが、これはこのような充実した学習環境の副産物とも言えますね。


To be continued...


更新をサボったのでこんな順位に。。。ブログランキング応援お願いします!

ブログランク応援してやるから続きを早く書け!という方はココをクリック!


親サイトもよろしくお願いします=>MBA式英語速習法


posted by Tabbycat at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留学中の工夫

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MBA留学は2年間と時間が限られています。

限られた留学期間で英語力を伸ばすために、私はある工夫をしました。

この工夫により、私はMBAプログラム開始当時には日本人学生の中で最低ランクの英語力だったにもかかわらず、卒業する頃には日本人の中でトップクラスの英語リスニング力、スピーキング力、読解力、ライティング力を身につけていました。

この工夫とは、以下の通りです。

1.まず、A6ノートを授業に持参し、
  教授やネイティブの学生が喋る英語で、便利そうな表現をメモします。

2.次に、メモした英語表現を何度も音読します。

3.そうして覚えた表現を、
  授業中の発言や日常会話の中で積極的に使います。


これを留学の1年目に行なうことで、飛躍的にスピーキング力が伸びていきました。

2年目からは、わざわざ英語表現メモをとらなくても、自然と授業や日頃の会話から英語表現を盗んでいくことができるようになりました。


あと、もう一つの工夫したことがあります。

それは、なるべく日本人学生とつるまないようにしたということです。

アメリカに住んでいるとはいえ、日本人学生もたくさんいるので、授業時間以外は日本人と日本語を使って過ごすということも可能でした。

英語を使うように意識をしていないと、ついコミュニケーションが簡単で気心の知れている日本人と日本語で会話することになってしまいがちでした。

そうならないように、なるべく日本人以外の人と過ごし、英語を使うように心がけました。



私の以上のような経験を踏まえて皆様に伝えることができるインプリケーションは次の通りです。


これから留学を考えている人に言えるのは、

海外に住んだら自動的に英語が出来るようになる訳ではない

ということです。

海外に住んだとしても、日本人とだけコミュニケートし、インターネットその他で日本語だけを読んで過ごすということも可能だし、そうなりがちです。そうすると、何年住んでも英語力が向上しません。


逆に、日本国内で英語学習をしている人に言えるのは、

日本にいても海外に住んでいるかのような環境を作ることはできる

ということです。

日本に住んでいても、英会話学校などで外国人とコミュニケートし、AFNなどの英語放送を見聞きし、インターネットなどで英語の記事を読んで過ごすということは可能です。自分で意識してこのような環境を作れば日本に住んでいても英語力は飛躍的に向上します。


要するに「英語を身につけたい!」という熱意と実行力が重要なのです。どこに住んでいるかはその次の要素だと思います。

これが、私自身が日本とアメリカで英語を学習した上での実感です。

To be continued...


更新をサボったのでこんな順位に。。。ブログランキング応援お願いします!

ブログランク応援してやるから続きを早く書け!という方はココをクリック!


親サイトもよろしくお願いします=>MBA式英語速習法


posted by Tabbycat at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留学で一番大変なこと

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MBAプログラムが開始して一番衝撃だったこと。

「それは全てが英語で行なわれる」

ということでした。

留学なのだから、当たり前なのですが、これが実際に体験してみると大変でした。

テキストや授業が英語なのはもちろんのこと、授業を選ぶための資料から、事務室へモロモロの事を申請するのも全部英語なのです。

学校内の事だけでなく、アパートなどの手続きも全部英語です。

所属している会社から、「アパートの大家に、ちゃんとした家賃の領収証を発行するよう交渉しろ」なんていう依頼のメールが届いたら、自分は大家と英語で交渉しないといけません。

電子辞書と首っ引きになりながら、英語でお願いをするための英作文をして暗記し大家へ電話する、なんてことに四苦八苦しました。

MBAプログラムが開始した直後は、このような生活面のセットアップを英語で行なうかたわらで、授業にもついていく必要があったため、かなり英語に苦しめられました。

しかし、そうこうしているうちに生活面のセットアップが完了し、授業に集中できるようになり、英語のアウトプット・インプットにも慣れてきました。

ブロークンでもいいから確実に通じる英語表現で意思を伝えるコツが分かってきました。


海外で暮らしたら自動的に英語力が伸びるのではありません。

海外で暮らすために必死でインプット・アウトプットを繰り返すから英語力が伸びるのです。


その他にも、限られた留学期間で英語力を伸ばすために、私はある工夫をしました。

この工夫により、私はMBAプログラム開始当時には日本人学生の中で最低ランクの英語力だったにもかかわらず、卒業する頃には日本人の中でトップクラスの英語リスニング力、スピーキング力、読解力、ライティング力を身につけていました。

この工夫については、次回詳しく書きたいと思います。

To be continued...


更新をサボったのでこんな順位に。。。ブログランキング応援お願いします!

ブログランク応援してやるから続きを早く書け!という方はココをクリック!


親サイトもよろしくお願いします=>MBA式英語速習法


posted by Tabbycat at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MBA開始!

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
そしていよいよMBAプログラムが開始された!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いよいよMBAプログラムが開始されました。

私が入学したMBAプログラムは2年間のコースでした。

1年目には会計、ファイナンス、マーケティング、経済学、統計学、オペレーション、人事など企業経営に必要な知識の基礎を一通り勉強します。それと同時に、論理的に考え、論理的な文章を書きプレゼンテーションを行なう技術を勉強します。

統計学の回帰分析という分析手法が、ファイナンス、マーケティング、オペレーションでの重要な基礎となっていたり、会計で学んだ財務諸表分析をもとに将来企業が必要とする資金を予測し、最適な資金調達方法をファイナンス理論を用いて判断したり、ストックオプション等の人件費をファイナンス理論を使用して計算しするなど、各科目がお互いに関係し、「企業経営」という一つの目的に統合されていきます。

そして2年目には、1年目に勉強した内容を統合して企業戦略について考え、レポートを作成し、プレゼンテーションやディスカッションを行なう「ケーススタディ」という授業が中心となります。

2年間で膨大な量の知識を吸収し、考え議論することで、膨大な知識が「企業経営を考えるためのフレームワーク」として、頭の中で一つに体系化されていきます。

こうして2年後には「アングロサクソン流ビジネスマシーン」が完成します。

これはものすごく面白い体験でした。

MBA前には、「企業経営」とか「企業戦略」とか言われても雲をつかむような話だったのに、MBAを終えた後は企業戦略を分析したり、自分で戦略を考えたり検証することが快感になってしまいます。

全く知らない企業についてであっても、一晩時間があれば翌朝までには分析レポートを書いてプレゼンし、改善案を提案できるようになります。

なぜ、2年間でこんなに多くのことを学べてしまうのでしょうか。

プログラム全体の構成がよく考えられており、そして各科目を担当する教授が学生から高い評価を得るために工夫しているというのが理由の一つでしょう。

そして、もう一つの重要な理由は、

「2年間学生に無理をさせる」

ということです。

特に1年目は大変です。

私の場合、日本人学生の中でも英語力が低い方だったので、MBAと英語の両方を勉強する必要があり、えらい目に会いました。

次回以降は私のMBA留学中の体験を書いていきます。


To be continued...


ブログランキング応援お願いします!

親サイトもよろしくお願いします=>MBA式英語速習法

posted by Tabbycat at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする